賃貸に特化したアパマンショップ

自宅を離れて進学したり、就職したり、また、転勤等によって住む場所が変わる場合、まずは住む場所から探す必要がありますよね。そういった場合、住みたい場所の不動産屋で物件を探すことになります。賃貸専門で全国展開している不動産屋が便利なのです。

賃貸住宅業界で店舗数ナンバーワン

国内で賃貸の仲介を行っている不動産業者で、最も店舗数が多いのが、アパマンショップです。全国で1000を超える店舗数があり、どのエリアでも物件探しをすることが可能となっています。

店舗が多いのには、理由があります。一般に店舗には2種類あり、直営店とフランチャイズに分かれます。アパマンショップの場合、直営店ではなく、フランチャイズで店舗数を増やしています。

直営店の場合、従業員は社員となりますが、フランチャイズの場合は、直接の社員ではありません。そのため、フランチャイズの契約だけで店舗数を増やしやすいということになります。

もちろん、そのためには、親元となる企業がしっかりしている必要があります。

代表取締役社長は大村浩次

アパマンショップは、株式会社アパマンショップネットワークとして1990年に東京都新宿区で創業しています。同時に、博多に福岡支店を開設しています。

創業のもとになったのが、1998年より大村浩次を始めとした賃貸管理事業を行っている経営者が、統一のブランドのもとで、全国でフランチャイズ化を行うために、月一のテーマで研究を行っています。これは、仲介業の質の向上やIT化を目指してのことだったようです。

その研究の成果が、大村浩次が代表取締役となるアパマンショップの創業ということにつながっています。

IT技術の強化のために、IT業者である株式会社システムソフトを2005年に子会社としています。

アパマンショップ(代表・大村浩次)の詳しい情報はこちら

物件探しの方法

物件を探す場合、住みたいエリアの不動産屋に足を運ぶことになりますが、まずは、インターネットを利用して物件を探すことも可能です。住所・駅名等で、そのエリアの物件を絞り込むことが可能ですし、さまざまな条件でより細かく絞り込むことができます。アパマンショップの場合、もともとITに力を入れているということもあり、ITを使用した物件探しは、かなり便利になっていそうです。

物件を探したあとは、現地でその物件を扱っている不動産業者で内見をさせてもらうことになります。内見をするために現地に行くわけですが、現地で直接物件を紹介してもらうという方法もあります。この場合、インターネット等で一般に公開されていない、独自の物件があることもあるので、こういった物件も確認しておくとよいかもしれません。条件のよい意外な掘り出し物も見つかるかもしれません。

アパマンショップのFC展開

アパマンショップは、不動産賃貸事業のフランチャイズを全国で展開しています。創業時から、フランチャイズの展開を考えていて、さらには、IT化にも力を入れている不動産業者なのです。フランチャイズということもあり、ITによる情報の共有というのは、必須の部分なのかもしれません。

代表取締役は大村浩次

アパマンショップは1999年に東京で創業しています。創業のもととなったのが、現代表取締役である大村浩次が、不動産仲介業の質の向上やIT化を目指して、研究していたことから始まっています。その研究において、他の大手不動産管理業の経営者たちとFC展開等についても、一緒に研究を行っていたようです。

ですから、アパマンショップはフランチャイズのチェーン展開に特化した不動産賃貸業者となっているようです。直営店を持ちながらFC展開というのが一般的なものですが、アパマンショップではそのほとんどがフランチャイズのチェーン店で、直営店と呼べるものは多くないというのが特徴となりそうです。

アパマンショップを利用するメリット

まず、アパマンショップの大きな特徴となるのが店舗数の多さです。店舗が多いということは、利用しやすさにつながります。実際に市街地では、いろいろなところでアパマンショップの店舗を見かけるのではないでしょうか。

また、店舗数の多さは扱っている物件の多さにもつながります。さらに、情報共有によって全国の取り扱い物件がどこからでも、手軽に確認することができるのです。もちろん、取り扱っている店舗は異なりますが、情報はどの店舗からでも同じように扱っています。

これは、代表取締役である大村浩次がFC展開と同時に、IT化にも力を入れていることが表れているのではないでしょうか。

FC展開による店舗の多さ

アパマンショップのように不動産の仲介に関してFC展開している企業は他にもあります。しかし、アパマンショップは他の企業と比較しても、店舗数の多さはかなりのものです。

創業から3年ほどの2002年にはすでに店舗数が500を超えているのです。その10年後である、2012年には1000店舗を超えており、これは他社よりはかなり多い店舗数ということになります。

本来であれば、それぞれが別の小さな不動産業者なのですが、FC加盟店となることで、物件に関する情報を共有することができます。

結果として、より多くの物件を扱うようになり、条件付きで検索した際に、希望に沿った物件がより多くヒットするということにもなるのです。店舗が多くなればなるほど、管理や経営面は大変になるのですが、物件の供給という点では大きなメリットとなりそうです。

アパートやマンションを探す

就職や進学で実家を離れる場合、寮や社宅が用意されている場合は別ですが、一般的には賃貸のマンションやアパートを探すことになります。こういった場合、店舗数の多いFC展開を行っている不動産業者が便利です。何と言っても取り扱う物件の数が多いのです。

インターネットで物件探し

賃貸物件を探す場合、地域、家賃といったようにさまざまな条件のもとで探すことになります。以前であれば、引っ越し予定先の地場の不動産業者まで行って物件を探していましたが、現在は物件探しもインターネットで手軽に行うことができます。情報の検索だけということになりますが、条件に合う物件を探し出しておいて、内見の予約をしておけば、効率よく内見を行うことができます。

特に遠隔地での物件探しの場合、滞在日数も少なくなりますし、全体的な費用も抑えることができますよね。納得のいく物件を探すには時間がかかるものですが、こうやって事前に準備しておくことで、より効率的、かつ経済的に物件探しを行うことができるのです。

店舗数の多い不動産業者が便利

ひとつの賃貸物件でも、複数の仲介業者が紹介しているケースもありますが、特定の業者のみしか扱っていない物件もあります。こういった物件の場合、好条件のものも多くなります。そのため、店舗数の多い業者で探すのもひとつの良い方法となります。一般公開されていない物件の数が多くなってくるのです。

もちろん、情報公開されていない物件に関しては、店舗に出向いて紹介してもらうことになりますから、検索した物件だけでなく現地で物件を紹介してもらうことも忘れないようにしておきましょう。

現在、国内で最も店舗数の多い仲介業者は、アパマンショップになります。国内に1000を超える店舗があるので、物件探しをしたことがなくても、店舗を見かけたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

大村浩次が創業したアパマンショップ

アパマンショップは1999年に大村浩次が創業した不動産業者です。賃貸物件の仲介を専門にしており、その店舗数は国内で1000を超え、業界でもナンバーワンとなっています。これは、創業前から大村浩次や大手不動産業者の経営者たちが研究を行っていた、仲介業のフランチャイズ展開、IT化を実際に企業として実現したものです。

そのため、数ある店舗のほとんどがFC店ということになります。地場の小さな不動産業者が加盟し、より多くの物件情報を扱うことができるようになるため、親元であるアパマンショップにも、FC加盟店となる不動産業者にもお互いにメリットがあります。FCと同時に研究を進めていたIT化による情報共有が活かされているようです。

賃貸物件の仲介業者

賃貸のアパートやマンションを探すとき、いろいろな不動産の店舗があるので、どこで相談するのがよいか悩む人も多いのではないでしょうか。どんな物件をどのくらいの期間で探すかによって、選ぶ店舗が変わってくるのです。

手早く探したいなら仲介の専門業者

賃貸物件の仲介を専門に行っている業者の場合、相談から入居までが早いといった特徴があります。仲介を専門にしているということもあり、事務処理はかなりスピーディーに対応してくれます。店舗の利益を出すためには、多くの契約をとる必要があるため、1件の契約にかかる時間を少なくする。つまり、手早く手続きを行うことが大切になります。
もちろん、日々の業務が賃貸のアパートやマンションの仲介を行っているので、処理に慣れているということもあるかもしれません。専門の業者ならではのスピーディーさということになりそうです。
そのため、転居の予定日まであまり時間がない人に向いている業者ということになります。転居まで時間がある場合でも、ギリギリまでゆっくり部屋探しをすることもできそうです。

数多くの物件から探したい場合

同じエリア内でも、いろいろな物件から探したい場合は、多くの店舗を回ってみるか、賃貸物件の取り扱いの多い店舗で相談するのがよさそうです。FC展開している業者であれば、ブランド名は同じですが、それぞれが小さな不動産業者ということもあり、それらの業者の情報を一括して扱うため、取り扱っている物件の数はかなり多くなります。
ひとつの店舗で多くの物件を探す場合は、FC加盟店となっている不動産業者で、さらに数多くの店舗を展開している業者がよさそうです。物件探しで考えれば、取り扱う物件のエリアも広くなり、現地ではなく、地元に居ながら探すことも可能になるのです。

大村浩次代表が創立したアパマンショップ

全国展開している賃貸を専門に扱っている不動産業者で、最も店舗数が多いのが、大村浩次が代表取締役を務めるアパマンショップです。他にも大手の賃貸専門の業者もありますが、アパマンショップはその店舗数は1000を超えており、業界でもナンバーワンとなっているのです。

大村浩次はアパマンショップを創立する前に、フランチャイズ展開とIT化について研究していたということもあり、その成果が現在のアパマンショップということになりそうです。実際に国内の各地に店舗があり、どこに行っても店舗があるといったイメージです。

もちろん、それぞれの店舗は個々の独立した小さな不動産業者となるわけですが、IT化を研究していたということもあり、物件の情報に関しては、どの店舗からでも全ての情報が検索できるのです。

また、店舗自体がきれいな内装となっており、FC契約の条件になっているのかもしれません。

来店不要の接客サービス

アパートやワンルームマンションといった賃貸物件を探す場合、通常であれば不動産屋に出向いていろいろと相談することになります。時間がとれれば可能ですが、遠方への引っ越しの場合、なかなか都合をつけるのも難しいのではないでしょうか。

アパマンのIT接客システム

転勤等で引っ越しをする場合、会社が住む場所を用意してくれるのであればよいのですが、そうでない場合、自分で探さなければなりません。しかし、引っ越し先が遠方である場合、また、仕事が忙しいといった場合、なかなか店舗に行って相談しながら物件探しをするのは難しいのではないでしょうか。

アパマンであれば、専用のアプリを使用して自宅に居ながら不動産屋の接客を受けることができるのです。アパマンの全ての店舗で利用可能というわけではないのですが、IT接客が可能な店舗も随時増加しています。中でも北海道ではほとんどの店舗でIT接客が可能となっているようです。

大村浩次が創業したアパマンショップ

アパマンは現代表取締役社長である大村浩次が1999年に創業した会社です。創業前に大村浩次と大手不動産業者の代表取締役数名が、不動産の賃貸業務のフランチャイズ化やIT化について研究を重ねていたようです。その研究をもとにして、アパマンショップを創立しています。

フランチャイズの研究をしていたということもあり、不動産の賃貸業界において、店舗数はナンバーワンとなっており、直営店もFC店も含め、1000以上の店舗があるのです。国内であれば、どの駅に行っても近隣にアパマンの店舗があるといったところでしょうか。

また、IT化の研究もしていましたから、それが現在のネットワーク上での情報共有はもちろん、IT接客システムに繋がっているのです。システム開発のためにIT企業を子会社化しているほどなのです。

IT接客システムの流れ

まずは、機器の準備ですが、基本はパソコンですが、スマートフォンやタブレットでも利用可能となっています。パソコンの場合は、カメラとマイクが必要ですが、最近のモデルであれば標準装備されているのではないでしょうか。あとは、インターネットの回線ですね。接客時間にもよりますが、かなりの量の通信となるため、定額制の回線を利用するのがよさそうです。

アパマンのホームページでIT接客が可能となっている店舗に連絡をとって、日程を決めます。IT接客で必要となるURLがメールで送られてくるので、IT接客を開始する前に専用アプリをダウンロードし、インストールします。

IT接客の時間になると、専用アプリにログインをし、店舗との接続が完了すれば、IT接客が始まります。
地域やFCの店舗によってばらつきはありますが、これから利用可能になる店舗は増えてきそうです。