アパートやマンションを探す

就職や進学で実家を離れる場合、寮や社宅が用意されている場合は別ですが、一般的には賃貸のマンションやアパートを探すことになります。こういった場合、店舗数の多いFC展開を行っている不動産業者が便利です。何と言っても取り扱う物件の数が多いのです。

インターネットで物件探し

賃貸物件を探す場合、地域、家賃といったようにさまざまな条件のもとで探すことになります。以前であれば、引っ越し予定先の地場の不動産業者まで行って物件を探していましたが、現在は物件探しもインターネットで手軽に行うことができます。情報の検索だけということになりますが、条件に合う物件を探し出しておいて、内見の予約をしておけば、効率よく内見を行うことができます。

特に遠隔地での物件探しの場合、滞在日数も少なくなりますし、全体的な費用も抑えることができますよね。納得のいく物件を探すには時間がかかるものですが、こうやって事前に準備しておくことで、より効率的、かつ経済的に物件探しを行うことができるのです。

店舗数の多い不動産業者が便利

ひとつの賃貸物件でも、複数の仲介業者が紹介しているケースもありますが、特定の業者のみしか扱っていない物件もあります。こういった物件の場合、好条件のものも多くなります。そのため、店舗数の多い業者で探すのもひとつの良い方法となります。一般公開されていない物件の数が多くなってくるのです。

もちろん、情報公開されていない物件に関しては、店舗に出向いて紹介してもらうことになりますから、検索した物件だけでなく現地で物件を紹介してもらうことも忘れないようにしておきましょう。

現在、国内で最も店舗数の多い仲介業者は、アパマンショップになります。国内に1000を超える店舗があるので、物件探しをしたことがなくても、店舗を見かけたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

大村浩次が創業したアパマンショップ

アパマンショップは1999年に大村浩次が創業した不動産業者です。賃貸物件の仲介を専門にしており、その店舗数は国内で1000を超え、業界でもナンバーワンとなっています。これは、創業前から大村浩次や大手不動産業者の経営者たちが研究を行っていた、仲介業のフランチャイズ展開、IT化を実際に企業として実現したものです。

そのため、数ある店舗のほとんどがFC店ということになります。地場の小さな不動産業者が加盟し、より多くの物件情報を扱うことができるようになるため、親元であるアパマンショップにも、FC加盟店となる不動産業者にもお互いにメリットがあります。FCと同時に研究を進めていたIT化による情報共有が活かされているようです。