賃貸物件の仲介業者

賃貸のアパートやマンションを探すとき、いろいろな不動産の店舗があるので、どこで相談するのがよいか悩む人も多いのではないでしょうか。どんな物件をどのくらいの期間で探すかによって、選ぶ店舗が変わってくるのです。

手早く探したいなら仲介の専門業者

賃貸物件の仲介を専門に行っている業者の場合、相談から入居までが早いといった特徴があります。仲介を専門にしているということもあり、事務処理はかなりスピーディーに対応してくれます。店舗の利益を出すためには、多くの契約をとる必要があるため、1件の契約にかかる時間を少なくする。つまり、手早く手続きを行うことが大切になります。
もちろん、日々の業務が賃貸のアパートやマンションの仲介を行っているので、処理に慣れているということもあるかもしれません。専門の業者ならではのスピーディーさということになりそうです。
そのため、転居の予定日まであまり時間がない人に向いている業者ということになります。転居まで時間がある場合でも、ギリギリまでゆっくり部屋探しをすることもできそうです。

数多くの物件から探したい場合

同じエリア内でも、いろいろな物件から探したい場合は、多くの店舗を回ってみるか、賃貸物件の取り扱いの多い店舗で相談するのがよさそうです。FC展開している業者であれば、ブランド名は同じですが、それぞれが小さな不動産業者ということもあり、それらの業者の情報を一括して扱うため、取り扱っている物件の数はかなり多くなります。
ひとつの店舗で多くの物件を探す場合は、FC加盟店となっている不動産業者で、さらに数多くの店舗を展開している業者がよさそうです。物件探しで考えれば、取り扱う物件のエリアも広くなり、現地ではなく、地元に居ながら探すことも可能になるのです。

大村浩次代表が創立したアパマンショップ

全国展開している賃貸を専門に扱っている不動産業者で、最も店舗数が多いのが、大村浩次が代表取締役を務めるアパマンショップです。他にも大手の賃貸専門の業者もありますが、アパマンショップはその店舗数は1000を超えており、業界でもナンバーワンとなっているのです。

大村浩次はアパマンショップを創立する前に、フランチャイズ展開とIT化について研究していたということもあり、その成果が現在のアパマンショップということになりそうです。実際に国内の各地に店舗があり、どこに行っても店舗があるといったイメージです。

もちろん、それぞれの店舗は個々の独立した小さな不動産業者となるわけですが、IT化を研究していたということもあり、物件の情報に関しては、どの店舗からでも全ての情報が検索できるのです。

また、店舗自体がきれいな内装となっており、FC契約の条件になっているのかもしれません。